忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつもご愛読ありがとうございます。当ブログは、本日を持って休止致します。今後は、リアル一言でお楽しみ下さい。
PR
ジェリー・ミレン「PRIDEは、TV取引に署名します」

先ほど、PRIDE USA チーフプロデューサーのジェリー・ミレンは、Scott Ferrall's showで、「100%今週中にTV取引に署名する。」と、言いました。さらに、彼は、契約切れになる選手はこれ以上いないので、「ダナが、2007年中にこれ以上PRIDEファイターと契約することはできないだろう。」と、言いました。

噂のTV取引は、日本のTV局なのか?それとも、以前からフィッシュマンが言っていたアメリカの大手TV局なのか?いずれにしても、1週間以内に大きな動きがあるのは間違いなさそうだ。榊原代表の話では、4月の日本開催までに新体制が発表されるとのこと。
三崎とトリッグが早くも戦闘モード! 公開計量は全員一発パス

「PRIDE.33“THE SECOND COMING”」(現地時間24日・トーマス&マックセンター)の公開計量および前日会見が23日、シーザーパレスにて行われた。
<第9試合 ミドル級タイトルマッチ>
ヴァンダレイ・シウバ:205パウンド
ダン・ヘンダーソン:200パウンド
<第8試合 ワンマッチ>
五味隆典:161パウンド
ニック・ディアス:161パウンド
<第7試合 ワンマッチ>
マウリシオ・ショーグン:205パウンド
アリスター・オーフレイム:205パウンド
<第6試合 ワンマッチ>
セルゲイ・ハリトーノフ:242パウンド
マイク・ルソー:255パウンド
<第5試合 ワンマッチ>
桜井“マッハ”速人:164パウンド
マック・ダンジグ:160パウンド
<第4試合 ワンマッチ>
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ:205パウンド
ソクジュ:205パウンド
<第3試合 ワンマッチ>
トラビス・ビュー:205パウンド
ジェームス・リー:210.5パウンド
<第2試合 ワンマッチ>
三崎和雄:181パウンド
フランク・トリッグ:183パウンド
<第1試合 ワンマッチ>
ヨアキム・ハンセン:161パウンド
ジェイソン・アイルランド:161パウンド

日本人3選手をはじめ全員が一発で計量をパスしたが、三崎和雄とフランク・トリッグが壇上で睨み合い、慌ててスタッフが割って止めに入る一触即発の場面も。アメリカ本土で2度目の上陸を果たしたPRIDEは、風雲急を告げるなか、明日の決戦へと一気に雪崩れ込む。
フィッシュマンがUFCに挑戦状を叩きつける

PRIDE買収のライバルUFCが英国開催を発表する最中、エド・フィッシュマンは独自の動きを行なっていました。Pride USA責任者としてフィッシュマンは、各組織各々4つの階級で、NO.1及びNO.2のファイターを互いに対抗させるよう、UFCに対して公に挑戦を行ないました。両社で2000万ドルずつ出資し、「勝者が全てを獲る」という案。8つの戦いで5つを勝ち取れば、4000万ドルを手に入れます。
「いつも、私は、PRIDEがUFCより優れたファイターを持っていると考えている。そして、ファンは、満場一致でPRIDEがより刺激的なイベントを行うことを望んでいる。私が完全にPride FCを買収すれば、MMAにとどまらず、スポーツ史で最高のファイターがいるということを証明するつもりだ。」と、フィッシュマンが言いました。
PRIDEの榊原信行代表は、一貫してPRIDEは売りに出されていないと言っています。だが、Zuffa(UFCの親会社)が、PRIDE買収のために値をつけたという恒常的な噂があります。結末は分からないが、それがMMAの為に“楽しい一時”であることは確かです。

考えられるカードと勝敗を予想してみた。
【ヘビー級1】 ○エメリヤーエンコ・ヒョードル VS ●ティム・シルビア
【ヘビー級2】 ○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ VS ●アンドレイ・アルロフスキー
【ライトヘビー級1】 ○ヴァンダレイ・シウバ VS ●チャック・リデル 
【ライトヘビー級2】 ○マウリシオ・ショーグン VS ●レナート・“ババル”・ソブラル
【ミドル級1】 ○パウロ・フィリオ VS ●アンデウソン・シウバ
【ミドル級2】 ○デニス・カーン VS ●リッチ・フランクリン
【ライト、ウェルター級1】 ○五味 隆典 VS ●ジョルジュ・サンピエール
【ライト、ウェルター級2】 ○桜井“マッハ”速人 VS ●マット・ヒューズ
PRIDEの圧勝は間違いない。
タフミル「あれじゃスモウ」

<プロボクシング:ノンタイトル10回戦> ◇23日◇札幌市北海道立体育センター
WBA世界ライトフライ級4位ビッキー・タフミル(32=インドネシア)は亀田3兄弟の二男大毅(18=協栄)に終始圧倒され、3回1分18秒、KO負けした。敗れたタフミルは「あれはボクシングじゃない。スモウだ」と両手を広げながら抗議した。ボディー連打で倒されたシーンを振り返り「あれは投げ倒されたんだ。パンチはもらっていないし、効いてもいない。ジャッジがフェアじゃなかったので立ち上がらなかったんだ」とまくし立てた。

タフミルは、リミットより900グラムも軽い50・6キロで計量をパスし、契約問題の影響で1年ほどブランクがある。もともとライトフライ級の選手で、スーパーフライ級の大毅とは2階級の違いがある。坂田との公開スパーリングでは、動きに精彩を欠いていた。コンディションがかなり悪かったのではないか。試合の放送は、私が住む関西地区は日曜日の深夜。どんな試合内容か楽しみだ。


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター