忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[110] [111] [109] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダナ・ホワイト 最新インタビュー

ダナ・ホワイトは、PRIDEとIFLについて話しました。
昨晩、ダナ・ホワイトは、MMAWeeklyラジオへ帰ってきました。彼は、UFCだけでなくMMA全体を語る為に、ホストのデイモン・マーティンとジェフ・カインに加わりました。
もちろん、最近のMMA業界の噂で最もホットな話題は、PRIDE買収問題です。Pride USA責任者エド・フィッシュマンは、PRIDEの支配権を手に入れ、その存在を世界規模に拡大する為に、あらゆる準備ができていると話しました。また、Zuffaは、すでに買収に着手したとのことでした。
UFC親会社Zuffaが、PRIDEを買収したとは言いませんでしたが、ホワイトは、「PRIDEが売りに出されているならば、彼らを買収することに興味があります。…PRIDEとUFCは、2つの“本物の組織”です。」と、噂に答えました。
Zuffaが引き継ぐことになれば、“尊敬する日本の興行団体”をどのように運営するかについて議論しました。「もし、私がPRIDEを買収することになれば、アジア個別の興行団体としてPRIDEを運営するでしょう。」と、ホワイトは言いました。
彼は、PRIDE、IFLを含む他の興行団体について考えている事やその他の噂について深く語りました。あなたは、ランディ・クートゥアの復帰の経緯を知りたいですか? ショーン・シャークの次の対戦相手は誰なのか? ブランドン・ベラとの取り引きは何なのか? ダナ・ホワイトは、フランク・シャムロックやマット・リンドランドについてどう思っているのか? あなたは、彼の答えで驚くかもしれません。
詳細は、MMAWeeklyラジオで聞くことができます。

ダナは、PRIDE買収について初めて詳細に語ったのではないか。PRIDEを買収した場合、アジアに特化して運営するとのこと。PRIDEを唯一のライバルと認める発言も飛び出した。PRIDE買収に成功するのは、フィッシュマンかダナのどちらになるか? 榊原は、外資からPRIDEを守りきれるのか? 目が離せない事態になってきた。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター