忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アルロフスキー VS ヴェウドゥム正式発表

今日、2月23日英国マンチェスターで、 UFCへ移籍する最新のPRIDEファイターとして、ファブリシオ・ヴェウドゥムが発表されました。そして、「まだまだ終わりではない。」と、ダナ・ホワイトが警告しました。
イベントを4月21日マンチェスター(英国)で開催すると正式発表するために記者会見を行いました。ブラジリアン柔術黒帯のファブリシオ・ヴェウドゥム(9-2-1)は、前UFCヘビー級王者アンドレイ・アルロフスキー(10-5)と戦います。また、マイケル・ビスピング(12-0)VSエルヴィス・シノシック(8-9-2)、フォレスト・グリフィン(13-4)VSLYOTO(9-0)、メインのミルコ・“クロコップ”・フィリポヴィッチ(22-4-2)VSガブリエル・ゴンザガ(7-1)が、マンチェスターのイブニング・ニューズ・アリーナで行われます。ダナは、ミルコがゴンザガを破れば、3月3日UFC68で戦うティム・シルビアとランディ・クートゥアの勝者と、ヘビー級タイトルマッチで戦うことを認めました。
ダナ・ホワイトUFC代表がコメントしました。「PRIDEは、トラブルばかりだ。彼らの選手の半分を引き抜いたが、まだまだ終わりではない。」

ミルコの対戦相手ゴンザガは、UFC連勝中で柔術がベースの選手。2005年にADCCブラジル予選トーナメント99kg超級で優勝している。“打撃”対“寝技”の戦いになるのではないか。アルロフスキーの相手が、PRIDEから移籍のヴェウドゥムに正式決定した。ダナが、「まだまだ終わりではない」と、不気味にPRIDE選手強奪宣言! PRIDEから選手流出が止まらない。
PR
Zuffa主催興行 今後の予定対戦カード

UFC 68 2007年3月3日
 ティム・シルビア VS ランディ・クートゥア
 マット・ヒューズ VS クリス・ライトル
 リッチ・フランクリン VS ジェイソン・マクドナルド
 レナート・“ババル”・ソブラル VS ジェイソン・ランバート
 マーチン・カンプマン VS ドリュー・マクフェドリース
 ジョン・フィッチ VS ルイージ・フィオラヴァンティ
 マット・ハミル VS レックス・ホルマン
 グレイソン・チバウ VS ジェイソン・デント
 ジェイミー・ヴァーナー VS ジェイソン・ギリアム
WEC 26 2007年3月24日
 ジョン・アレッシオ VS カーロス・コンディット
 ユリジャ・フェイバー VS ドミニク・クルーズ
 エディ・ワインランド VS チェイス・ビーブ
 ジョー・リッグス VS 三浦 広光
 ブロック・ラーソン VS エリック・アップル
 ティキ・ゴーセン VS デイブ・テレル 
 カブ・スワンソン VS トミー・リー
 アレックス・セルディコフ VS スコット・ノートン
 ミカ・ミラー VS ジェシー・モーレン
 ブライアン・スタン VS スティーブ・カントウェル
UFN 9 2007年4月5日
 ジョー・スティーブンソン VS メルヴィン・ギラード
 ケニー・フロリアン VS 三島☆ド根性ノ助
 アントニー・ハードンク VS フランク・ミア
 ドリュー・フィケット VS 中村 K太郎
 ワンダー・ブラガ VS カート・ペリグリーノ
 弘中 邦佳 VS ジェフ・ジョスリン
 ウイルソン・ゴヴィエア VS ヘクター・ラミレス
 小谷 直之 VS チアゴ・タヴァレス
 ホアン・カルネイロ VS アンソニー・トーレス
UFC 69 2007年4月7日
 ジョルジュ・サンピエール VS マット・セラ
 ディエゴ・サンチェス VS ジョシュ・コシェック
 マイク・スウィック VS 岡見 勇信
 ケンダール・グローヴ VS アラン・ベルチャー
 ロジャー・フェルタ VS アルヴィン・ロビンソン
 ヒース・ヒーリング VS ブラッド・アイメス
 サレス・レイテス VS ピート・“ドラゴ”・セル
 ルーク・クモ VS ジョシュ・ハイネス
 ピート・スプラット VS マーカス・デイビス
UFC 70 2007年4月21日
 ミルコ・クロコップ VS ガブリエル・ゴンザガ
 アンドレイ・アルロフスキー VS ファブリシオ・ヴェウドゥム
 LYOTO VS フォレスト・グリフィン
 マイケル・ビスピング VS エルヴィス・シノシック
 アスエリオ・シウバ VS チェイック・コンゴ
 デニス・シヴァー VS ジェス・リアウディン
 アレッシオ・サカラ VS ヴィクトー・ヴァリマキ
 ティト・オーティズ VS X
 デビッド・リー VS X
UFC 71 2007年5月26日
 チャック・リデル VS クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
 クリス・レーベン VS カリブ・スターネス
 エリック・シャファー VS シーン・サルモン
 カロ・パリジャン VS X
TUF 5 2007年6月23日
 B・J・ペン VS ジェンス・パルヴァー
UFC 72 2007年6月30日
 アンデウソン・シウバ VS ネイサン・マーコート

ミルコの対戦相手ゴンザガは、UFC連勝中で柔術がベースの選手。2005年にADCCブラジル予選トーナメント99kg超級で優勝している。“打撃”対“寝技”の戦いになるのではないか。UFCはかなり先まで対戦カードが発表されているが、PRIDEはまったく未定だ。DSEは、カード発表を早めてほしい。
ミルコの次戦がUFC70のメーンに決定

ミルコ・クロコップのUFC2戦目が、4月21日に英国マンチェスターのイブニング・ニューズ・アリーナで行われる、UFC70のメーンに決定した。対戦相手は英国人のガブリル・ゴンザガ。PRIDEから移籍初戦となった2月3日のUFC67でクロコップは、エディ・サンチェズを1回4分33秒でTKO。今夏にも予定されるヘビー級タイトルマッチへ、連勝は絶対条件だ。米国ではPPV放送はないが、ケーブルテレビでの放送を検討しているという。
『UFC 70』
2007年4月21日 英国・マンチェスター イブニング・ニューズ・アリーナ
 ミルコ・クロコップ VS ガブリエル・ゴンザガ
 アンドレイ・アルロフスキー VS ファブリシオ・ヴェウドゥム
 LYOTO VS フォレスト・グリフィン
 マイケル・ビスピング VS エルヴィス・シノシック
 アスエリオ・シウバ VS チェイック・コンゴ
 デニス・シヴァー VS ジェス・リアウディン
 アレッシオ・サカラ VS ヴィクトー・ヴァリマキ
 ティト・オーティズ VS X
 デビッド・リー VS X

イギリスで『UFC70』と『CAGERAGE21』が直接対決! ミルコの対戦相手ゴンザガは、UFC連勝中で柔術がベースの選手。2005年にADCCブラジル予選トーナメント99kg超級で優勝している。“打撃”対“寝技”の戦いになるのではないか。アルロフスキーの相手が、PRIDEから移籍初戦のヴェウドゥムに決定した。PRIDEから選手流出が止まらない。
次戦、ミルコ・クロコップと対戦予定のガブリエル・ゴンザガ

クロコップがUFCで戦う次の場所は? ミルコ・“クロコップ”・フィリポヴィッチが、ガブリエル・ゴンザガと戦うためにマンチェスター(英国)のオクタゴンに登場します。5連勝中の勢いに乗るゴンザガは、マサチューセッツに拠点を置く新聞社のJason Remillard記者に、4月21日マンチェスターで人生で最も大きな戦いに挑むと話しました。
クロコップ(MMAWeeklyランキング ヘビー級2位)と5連勝中のゴンザガは、実績は違うが勢いに乗っています。ゴンザガの連勝の中には、ウォルター・ファリアス、チャーリー・ブラウンに対する勝利と同様に、カルメロ・マレロ、ファビアノ・シェルナー、ケビン・ジョーダンに対しての印象的なUFCの勝利(3-0)を含んでいます。しかし、それは、ジョシュ・バーネット、ヴァンダレイ・シウバ、吉田 秀彦および美濃輪 育久に対するPRIDEの勝利とエディ・サンチェス戦のUFCの勝利を含むクロコップの最近の経歴にまったく匹敵しません。

MMAWeeklyの記事を要約すると・・・・・・・・・・
この対戦は、ミルコをオクタゴンに順応させるためではないか。ブラジリアン柔術黒帯のゴンザガは、記者に「私が勝つために何をするべきか分かっている。彼は危険なストライカーだ。グラウンドでも十分な技術があると思う。」とコメントした。ゴンザガには、柔術で培ったグラウンドで有利な技術がある。問題は、どのようにしてグラウンドへ持ち込むか。ゴンザガが勝てば、ヘビー級トップファイターの仲間入り。ミルコが勝てば、ティム・シルビアとランディ・クートゥアの勝者に対してタイトル挑戦を予定している。・・・・・・・・・・とのこと。
UFC 67 FIGHTER SALARIES

Title Match & Main Event Fighters
-アンデウソン・シウバ: $71,000 (¥8,520,000)
-トラビス・ルター: $18,000 (¥2,160,000) 
Main Card Fighters
-ミルコ・クロコップ: $350,000 (¥42,000,000) 
-クイントン・”ランペイジ”・ジャクソン: $170,000 (¥20,400,000)
-エディ・サンチェス: $30,000 (¥3,600,000)
-マービン・イーストマン: $30,000 (¥3,600,000)
-パトリック・コーテ: $20,000 (¥2,400,000)
-スコット・スミス: $12,000 (¥1,440,000)
-ロジャー・フェルタ: $12,000 (¥1,440,000)
-ジョン・ハーバーソン: $3,000 (¥360,000)
Preliminary Match Fighters
-LYOTO: $36,000 (¥4,320,000)
-ホルヘ・リベラ: $12,000 (¥1,440,000)
-タイソン・グリフィン: $9,000 (¥1,080,000)
-テリー・マーティン: $8,000 (¥960,000)
-サム・ホーガー: $7,000 (¥840,000)
-フランク・エドガー: $6,000 (¥720,000)
-ダスティン・ハゼレット: $6,000 (¥720,000)
-ディエゴ・サライーバ: $3,000 (¥360,000)

このギャラに、インセンティブ、グッズ収入やボーナスは含まれない。公表されたミルコのギャラは4200万円! ジャクソンも2000万円以上のギャラをもらっている。“PRIDE32”でのヒョードルのギャラが1200万円。このような高額のギャラを簡単に支払うことができるUFCの資金力に脅威を感じる。


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター