忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前田日明がテレビ番組収録で第二次リングス構想語る「敵はUFC!」

2月8日(木)東京・麻布のスタジオにて、FIGHTING TV サムライの対談番組『Versus』の収録が行われ、前田日明3部作の2回目として前田と師弟関係にある“世界のTK”こと高阪剛がゲスト出演した。
対談は高阪のリングス入門時から引退までを、前田の視点と高阪の裏話などで進められ、終盤には前田が“第二次リングス”の構想を語り、旗揚げ時の高阪の協力を要請するシーンなどが収録されている。
番組収録の終了後、両者はカコミ取材に応じた。高阪は第二次リングス構想について「いま初めて聞きました」とし、「ここから協力出来ることと出来ないことが出て来ると思うので、これからですね」と慎重な態度。
前田は第二次リングスの進行具合を「いろんなものを構築しているところ。けっこう俺は用意周到だからね。今回は3年間考えてやって来たから」と語ったが、ようやく見つけた道場建設予定地を大企業に横取りされてしまったことも明かした。
第二次リングスの旗揚げ時期を聞かれると、「最低でも年内にはいろんなことをアナウンスしたい」と年内には何らかの発表を行うことを示唆。
HERO'Sのスーパーバイザーは続けていく意向だが、「HERO'Sがいいリハビリになった。人脈の再構築とかいろんな勉強が出来たね。いろんなアドバイスをして準備を待っているけど、出来ないことも多いから、それならリングスでやろうと思った」とHERO'Sでは出来ない試みを行うためにリングスを再旗揚げすると理由を語る。
第二次リングスはK-1&HERO'Sと協力関係になり、「UFCが共通の敵になる」と米国進出さえも口にした前田。「天下三分の計がリングスとK-1とPRIDEだったのが、UFCにいきなり変わった。しょうがないよね」と世界の総合格闘技制圧を標榜しているUFCに真っ向から闘いを挑むつもり。

“第二次リングス構想”前田が再び動き出した。初期リングスのメンバーが、前田の呼びかけで集まったら凄く面白いことになるだろう。「敵はUFC!」発言は、PRIDEは眼中に無いということか。第二次リングスは、FEGと協力関係にありテレビ局のバックアップもあるのでやりやすいだろう。
前田は、大晦日の秋山問題についてコメントしている。昔の外国人選手は、平気で不正をやっていたそうだ。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター