忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「DEEP 28 IMPACT」
2007年2月16日(金) 東京・後楽園ホール
<DEEPミドル級タイトルマッチ 82kg以下契約 5分3R>
 ○長南 亮 VS ●桜井 隆多
 (3R判定 2-0)
<DEEPライト級タイトルマッチ 70kg以下契約 5分3R>
 ●帯谷 信弘 VS ○横田 一則
 (3R判定 0-3)
<DEEPウェルター級タイトルマッチ 76kg以下契約 5分3R>
 ●中尾 受太郎 VS ○長谷川 秀彦
 (3R判定 0-2)
<49kg以下契約 女子ルール 5分2R>
 ●渡辺 久江 VS ○ハム・ソヒ
 (2R判定 0-3)
<82kg以下契約 5分3R>
 ●石川 英司 VS ○ヘクター・ロンバード
 (1R 0分49秒 TKO)
<90kg以下契約 5分2R>
 △滑川 康仁 VS △ファビアノ・カポアニ
 (2R判定 0-0 ドロー)
<67kg以下契約 5分2R>
 ●山崎 剛 VS ○志田 幹
 (2R判定 0-2)
<73kg以下契約 5分2R>
 ○小見川 道大 VS ●オ・ウォンジン
 (1R 4分25秒 TKO)
<78kg以下契約 5分2R> 
 ○キム・ドンヒョン VS ●小池 秀信
 (2R 4分34秒 KO)
<65kg以下契約 5分2R>
 ○北田 俊亮 VS ●薩摩 竜仁
 (1R 1分27秒 タップアウト ※サブミッション)

タイトルマッチ3連発は、際どい判定決着が続いた。ミドル級は、長南が判定2-0で勝利し、王座初防衛に成功。ライト級は、GRABAkAの横田がフルマークの判定勝利。期待の王者帯谷が負けてしまいベルトを奪われた。ウェルター級は、長谷川がベルト奪取。驚いたのが、渡辺久江の敗戦。女子ライト級では無敵の強さだったが、韓国のソヒにまさかのフルマーク判定負け。全体的に好試合が多く、盛り上がった大会だった。
PR
プロフェッショナル修斗公式戦 ”BACK TO OUR ROOTS”
2月17日(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
<世界ミドル級タイトルマッチ 5分3R>
 青木 真也 VS 菊地 昭
<環太平洋ウェルター級タイトル決定戦 5分3R>
 中倉 隆志 VS 廣田 瑞人
<環太平洋ライト級タイトル決定戦 5分3R>
 不死身夜 天慶 VS 田村 彰敏
<ライト級 5分3R>
 リオン 武 VS 阿部 裕幸
<ウェルター級 5分3R>
 天突 頑丈 VS 遠藤 雄介
<ウェルター級 5分3R>
 冨樫 健一郎 VS 朴 光哲
<フェザー級 5分3R>
 水垣 偉弥 VS 山本 篤

タイトルマッチ3連発! メインイベントは、青木真也 VS 菊地昭の因縁の再戦。両者共に寝技が優れた選手なので、世界トップレベルの寝技の攻防を期待したい。石田光洋の環太平洋ウェルター級王座返上を受け、中倉 隆志 VS 廣田 瑞人の同タイトル決定戦が行われる。空位の環太平洋ライト級王座は、不死身夜 天慶と田村 彰敏が争う。
【予想】 ミドル級 青木 ウェルター級 中倉 ライト級 不死身夜 
同日、米子で行われる“CAGE FORCE EX”の解説に無期限謹慎中の秋山が決定した。
BodogFight解説者決定

BodogFightは、MMAスーパースターのジョシュ・バーネット、フィル・バローニ、エリック・パールソンが、現在放送中の“BodogFight 2ndシーズン リアリティーショー”の解説者として加入すると発表しました。ぜひ、あなたの地域の放送スケジュールをチェックして下さい。
「サンクトペテルスブルグシリーズに、ジョシュ、フィルやエリックの“個人の洞察力”を加えさせる事は、とても素晴らしい。BodogFightは、新しい構成要素をMMAリアリティーショーに導入するよう努めています。」と、カルビン・エアー(BodogFightオーナー)がコメントしました。

BodogFightは、エメリヤーエンコ・ヒョードル VS マット・リンドランド、エメリヤーエンコ・アレキサンダー VS エリック・ペレを発表済。今回は、ジョシュ・バーネット、フィル・バローニらの解説者加入を発表した。大富豪カルビン・エアーは、経営危機のPRIDEの選手を狙い撃ちしているようだ。
「DEEP 28 IMPACT」
2007年2月16日(金) 東京・後楽園ホール
<DEEPミドル級タイトルマッチ 82kg以下契約 5分3R>
長南 亮 VS 桜井 隆多
<DEEPライト級タイトルマッチ 70kg以下契約 5分3R>
帯谷 信弘 VS 横田 一則
<DEEPウェルター級タイトルマッチ 76kg以下契約 5分3R>
中尾 受太郎 VS 長谷川 秀彦
<49kg以下契約 女子ルール 5分2R>
渡辺 久江 VS ハム・ソヒ
<82kg以下契約 5分3R>
石川 英司 VS ヘクター・ロンバード
<90kg以下契約 5分2R>
滑川 康仁 VS ファビアノ・カポアニ
<67kg以下契約 5分2R>
山崎 剛 VS 志田 幹
<73kg以下契約 5分2R>
小見川 道大 VS オ・ウォンジン
<78kg以下契約 5分2R> 
キム・ドンヒョン VS 小池 秀信
<65kg以下契約 5分2R>
北田 俊亮 VS 薩摩 竜仁
<65kg以下契約 5分2R>
宮下 トモヤ VS 高橋 基希
<65kg以下契約 5分2R>
羅相福 VS 島崎 太郎
<76kg以下契約 5分2R>
渡辺 良知 VS 潮田 健志

タイトルマッチ3連発! メーンイベントで対戦する長南と桜井は、1年ぶりの再戦。セミファイナルの帯谷は、DEEPで無敗の横田と対戦。第8試合では絶好調の長谷川が中尾に挑戦。
【予想】 ミドル級 長南 ライト級 帯谷 ウェルター級 長谷川
最新オフィシャルランキング

【無差別級】

第10代 無差別級キング・オブ・パンクラシスト:ジョシュ・バーネット
【スーパーヘビー級/100kg以上】
第2代スーパーヘビー級キング・オブ・パンクラシスト:空位
【ヘビー級/90kg~100kg未満】
第2代ヘビー級キング・オブ・パンクラシスト:アルボーシャス・タイガー
・1位:ポアイ菅沼
・2位:李世学
・3位:空位
【ライトヘビー級/82kg~90kg未満】
第3代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシスト:近藤 有己
・1位:アルボーシャス・タイガー
・2位:松井大二郎
・3位:川村亮
【ミドル級/75kg~82kg未満】
第6代ミドル級キング・オブ・パンクラシスト:中西 裕一
・1位:竹内 出
・2位:佐藤光留
・3位:空位
【ウェルター級/69kg~75kg未満】
第2代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト:石毛 大蔵
・1位:井上克也
・2位:北岡 悟
・3位:カーロス・コンディット
・4位:大石幸史
・5位:ロバート・エマーソン
【ライト級/64kg~69kg未満】
初代ライト級キング・オブ・パンクラシスト:空位
・1位:矢野卓見
・2位:伊藤崇文
・3位:ウマハノフ・アルトゥール
【フェザー級/64kg未満】
初代フェザー級キング・オブ・パンクラシスト:前田 吉朗
・1位:DJ.taiki(K.I.B.A.)
・2位:志田 幹
・3位:井上 学
・4位:砂辺光久
・5位:藤本直治

フェザー級3位だった山本篤がランキングから外れ、井上学、砂辺光久がそれぞれ1ランクずつアップ。藤本直治がランク外からランキング入りしている。その他の階級では変動はない。山本がランキングから外れたのは、“今後、パンクラスのリングに上がらない”という本人の意思表示があったのではないか。


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター