忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[47] [46] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

進退には言及せず

東洋太平洋L・ヘビー級王者、西澤ヨシノリ(ヨネクラ)対同級1位ヒース・ステントン(オーストラリア)のタイトル戦は30日夜後楽園ホールで行われ、12回をフルに戦った末、西澤は0-3判定で敗れ、王座を追われた。西澤(41)は注目の進退問題については「勝って次に進むつもりだったので、今はなんとも……」と言及を避けた。
この日の西澤は時に攻勢に出て満員のファンを沸かしたが、的確なパンチでまさったステントンにポイントを集められた。ノックダウン、あるいはどちらかが窮地に立つ場面もなし。スコアはプラヤドサブ主審(タイ)118-110、浦谷正彰副審(日本)117-113、メリクリオ副審(豪州)118-111と日本のジャッジも含む全員がステントンの勝ちを支持。「ポイントのとり方がうまかった」と米倉健司会長も敗北を認めていた。なお試合後日本ボクシングコミッション安河内剛事務局長は、後日役員で話し合い、西澤自身の考えを確認した上で、引退勧告を出すこともありえると示唆した。
この日の敗北で西澤の戦績は28勝16KO18敗5分。新チャンピオンは12勝2KO17敗1分となった。

西澤完敗。“中年の星”41歳の西澤は、実力で定年制ルールを改正させた。だが、この敗戦で極めて現役続行の道は厳しくなった。日本のボクサーは、若くして引退を決意する選手が多い。40歳過ぎて現役を続けられる西澤は凄いと思う。進退については焦らずゆっくり考えてほしい。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター