忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[98] [97] [96] [95] [94] [93] [90] [89] [88] [87] [86]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【HERO'S】3・12 所英男VS永田克彦、因縁の対決が実現!

2月16日(金)都内ホテルにて、3月12日(月)名古屋市総合体育館レインボーホールで開催される『HERO'S 2007 開幕戦 ~名古屋初上陸~』の記者会見が行われ、所英男(チームゼスト)VS永田克彦(新日本プロレス)の一戦が発表された。
2年前の『Dynamite!!』で実現する予定だったこの一戦。両選手ともに「いつかは」という気持ちであったという。永田が「いよいよきたかという気持ちです。一度はいろいろな事情で流れでしまいましたが、“いつかは”と思っていたので、非常に気持ちは盛り上がっています」と話す。一方の所は「“いつかは”やるという気持ちでいました。地元に近い名古屋での開催ということもあって、すごい気合が入っています」と2年越しの対戦に、落ち着いた口調ながら熱い意気込みを語る。
永田は昨年の『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』で所と同門の勝村周一朗からTKO勝ちを収めた。会見に同席したFEG谷川貞治プロデューサーは「永田選手はさらに飛躍するための戦いとなり、所選手にとってはリベンジマッチとなるでしょう」と、この対戦について説明。しかし、同じZSTでしのぎを削る勝村の敵討ちという意識は所にはない。「僕は僕なんで」。あくまでも自分は自分と割り切って考える。
永田-勝村戦の感想を聞かれた所は「打撃の技術の向上がすごいなと思いました。(永田について)勝村さんからまだ聞いてないので、今日聞こうかなと思っています」。それに対して永田は「どの技術も優れたオールラウンドプレーヤー」と所の印象を口にし、「どんな場面でも対応出来るようにしようと思っています。作戦はある程度考えているけど、すべてには当てはまらないので。自分の持っているものをぶつけるつもり。対戦相手が所選手に決定したので、練習相手をいつも所選手と思ってやるなど、所選手のイメージを膨らませて練習していきたい」と淡々と話した。アメリカ進出も視野に入れた2007年のHERO’S。その開幕戦で幸先のいいスタートを切ることが出来るのは果たしてどちらか?
また同会見では、今年のHERO'Sの年間開催予定も発表された。目玉は5月後半か6月初旬でのアメリカ大会(予定)。すでにブロック・レスナーとホイス・グレイシーの出場がほぼ確定。この詳細についても追って発表される。

名古屋大会では、秋山戦以来の桜庭復帰戦が予定されている。桜庭は、不本意な戦いが続いている。しっかり調整して、PRIDE時代の輝きを取り戻してほしい。
前田SVが、HERO’Sアメリカ進出で注目発言。レスナーとホイスの出場がほぼ確定したとのこと。谷川EPは、「現地でスタッフを集めて基盤、ネットワークを整備し、プロモーションにばく大な費用をかける」と明言。米国初開催は成功するか。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター