忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

在日だから秋山を差別?

2006年大晦日の「K-1 Dynamite!!」で、秋山成勲がクリームを塗っていたとして無期限出場停止処分が下ったことについて、韓国のネット世論では「在日だから厳しい処分になった」という、とんでもない見方が大勢だ。一部の韓国メディアが日本語版でもこのことを報じ、これに大反発して、日本のネット上も騒然とし始めた。
中央日報は2007年1月18日、秋山の無期限停止処分について、韓国のネット上の様子を「ネチズン『在日だから秋山を差別?』」と題し、「さまざまなコメントが出てきている」と報じている。それは次のような具合だという。
「99%は主催社側の決定に”あきれた”という反応だ。各種ポータルサイトやメディア掲示板には、秋成勲に対する懲戒について数百件以上の抗議の文が載せられている。ネチズン‘rabbitmoon’は『桜庭が何だ。日本格闘技界で英雄視されている選手が無差別爆撃を受けたため、日本人は怒りと屈辱を同時に感じたのだ。かつて日本柔道を捨てて韓国に渡り、日本と闘った選手であるため、目障りな奴だと思われたのだろう』と憤りを表した」
さらに、この記事では、「誰でも一度ぐらいは入浴後にローションを塗ったことがあるはずだ(中略)試合中の些細なことでも自分のミスだと反省して謝罪する秋成勲の方が気に入った」といったコメントも紹介された。
韓国の複数のメディアが「在日だから」という見方が韓国で根強いことを報じており、韓国ではこうした見方が支配的だ。
韓国のニュースサイト・デイリアンは、「日本メディア”よそ者”潰し」と題し、
「韓国国内のファンは、日本人と対戦して、『実質的な完勝』をおさめた在日韓国人4世を『ボディーローション』の一言でそのキャリアを傷つけんばかりだと憤慨している」などと報じた上、「在日4世」であることが今回の処分の背景にあることを指摘している。
他の韓国メディアでも、今回の「無期限出場停止」という処分が「重すぎる」との見方が大勢で、朝鮮日報も2007年1月18日、「今回の懲戒処分は、これまでのK‐1の歴史を見ても、極めて異例のことだ。これまでにも試合中に選手が反則行為を犯して失格処分を受けたことは何度かあるが、これほど重い懲戒処分を受けた例はない」と報じている。

不正をしたのだから秋山への処分は当然。今回の処分が「在日への差別」と報道されたことに驚いた。「不正で処分」と「在日への差別」はまったく関係ない。スポーツに反日思想を持ち込むのは止めていただきたい。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター