忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中村「PRIDE.33」に出場か

吉田秀彦がジェームス・トンプソンにリベンジ宣言だ! バルセロナオリンピック柔道78kg級金メダリストで、現在は総合格闘家としてPRIDEで活躍する吉田が、昨年大みそか「PRIDE男祭り」(さいたまスーパーアリーナ)で敗北を喫したトンプソンへのリベンジを誓った。
吉田と、「吉田道場」に所属する中村和裕は21日、埼玉県川口市で小学生に柔道教室を開催した後、報道陣の囲み取材に応じてそれぞれ思いを語った。まず吉田は大みそかのトンプソン戦でのTKO負けについて振り返り「調子は悪くなかったけれど、楽勝で勝てるかと思っていた。自分でも納得いかなかった」と、心にスキがあったことを明かした。次戦については未定で、まだ本格的な練習は再開していないと言うが「4月ころには試合をしたい。まずもう少し絞り込んで自分の体を作らないといけない」と語った。対戦してみたい相手を尋ねられると「やはりトンプソンにリベンジをしたい。次は勝ちにこだわってやりたい」と、リベンジへ意欲を示した。今年は海外初の「吉田道場」を設立したいという野望を抱いている吉田。まずはコンディションを万全に整えて出直しを図りたい。
一方、大みそかにマウリシオ・ショーグンに3ラウンド判定で敗れた中村は、「20分間、気持ちが切れずに戦えたので収穫はあった」と、負けてもプラス思考だった。今までは試合中に気持ちが切れることあったという中村。ショーグン戦では、打ち合いの中から、間合いで戦えるようになったと手応えをつかんだ様子だ。中村は2月27日に米国・ラスベガス「トーマス&マックセンター」で開催される「PRIDE.33 “THE SECOND COMING”」に出場する可能性が高くなっている。「男祭り」で一皮むけたという新たな中村の戦いを見ることはできるのか。敗戦から出直しを図る吉田道場の2人の動向に熱い視線が注がれる。

何故か中村はラスベガスで人気があるので、PRIDE.33にはぜひ出場してほしい。同じ柔道家として、無期限出場停止処分を受けた秋山を気にかけていて、復帰の為にギャラ無しでの対戦を提案したそうだ。人の心配をする暇があるなら、ハードな練習をして客を沸かせる試合をしてほしい。吉田の次戦はトンプソンを希望。きっちりリベンジしてほしい。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター