忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シリモンコンK―1参戦へ

プロボクシングの元2階級世界王者、シリモンコン・シンワンチャー(29)=タイ=のK―1参戦が決定的であることが18日、分かった。2月18日に韓国で開催予定の「K―1 ソウル大会」で、韓国選手のキム・ハヌルとの対戦でデビューする計画が進行中だ。
シリモンコンは元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(36)の元ライバルで、97年11月に辰吉に敗れて同王座から陥落。だが、02年8月には長嶋健吾(31)=18古河=を下して同スーパーフェザー級王座を獲得し、2階級制覇を達成した。ボクシングの最後の試合は昨年7月でフィリピンの選手に3回KO勝ちしている。プロ通算戦績は53勝(31KO)2敗。
韓国大会には左大腿(たい)外筋部分破裂で昨年大みそかの「Dynamite!!」を欠場した元WBA世界スーパーフェザー級王者・崔龍洙(34)=韓国=も参戦予定。03年1月にWBC世界スーパーフェザー級王座をかけて対戦したシリモンコンとK―1リングでの再戦の可能性もある。判定勝ちしているシリモンコンは韓国のネットメディアのインタビューに「キックではムエタイ経験がある私の方がはるかに上だ」と返り討ちに自信を示している。

シリモンコン・・・ボクシングファンには懐かしい名前。当時、世界王者で無敗のシリモンコンと負ければ引退の辰吉の試合は、辰吉のTKO勝ちという衝撃の結末!試合後、シリモンコンがリング上で号泣していたのが印象的だった。減量がかなりきつかったようで、一気にバンタムからスーパーフェザーへ階級を上げ、見事2階級制覇を成し遂げた。現在は、ライト級でいつでも世界挑戦できる位置にいるが、なかなかチャンスが訪れずK―1参戦を決意したのだろう。シリモンコンを見ていると、裕福な国でテレビ局がバックにつき、簡単に世界挑戦できる亀田みたいなボクサーは幸せだなぁとつくづく思う。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター