忍者ブログ
日々の出来事やニュースで思うことを一言
[19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

070123_kak_pride180.jpg
五味隆典 VS ニック・ディアス
PRIDEライト級チャンピオンの五味隆典が、本格的に“世界を驚かせる旅”に出発! ついにラスベガス大会初出場が決定したのだ。日本中を熱狂の渦に叩き込み、中軽量級のステータスを上げた火の玉ボーイがアメリカにも中軽量級ブームを巻き起こすか? アッメ~リカッよ、日本が誇るチャンピオンの実力を見て驚け!
対する相手が凄い。マニアの間で長くPRIDE参戦が臨まれていたニック・ディアスが満を持してPRIDE初参戦、五味といきなり一騎打ちだ! ディアスは1983年8月2日、カリフォルニア州出身の23歳。戦績は14勝6敗でUFCを主戦場に闘っており、地元での1試合を挟んでここ10戦は全てUFCでの試合だった。前戦も2006年11月18日、UFCでグレイソン・チバウをTKOに降して勝利。2004年4月には前回のラスベガス大会『PRIDE.32』でジョーイ・ヴィラセニョールをKOして強烈なインパクトを残したロビー・ローラーにもKO勝ちしている。
この“UFCからの刺客”とでも言うべきディアスは、パンチでの打ち合いを好むストライカータイプだが、真骨頂は柔術にある。柔術は五味にとって天敵。世界無敵旅をスタートさせるにおいて絶対に負けられない一戦で、五味はこの強敵とどう闘う!?
中村和裕 VS トラビス・ビュー
カズのラスベガス大会連続出場が決定した。前回のラスベガス大会では伸び伸びと闘う事が出来たと言い、その効果がカズのベストバウトとの呼び声も高い『男祭り』でのショーグン戦でも発揮されていたといえる。敗れはしたものの、ショーグン戦は今までになかった魅力やポテンシャルが引き出された一戦であった。ラスベガス大会はカズの何かを変え、エネルギーを与えるのか。
前回はトラビス・ガルブレイスからフックでダウンを奪い、投げ飛ばして最後はパウンドで勝負を決めるという見事な試合っぷりでアメリカのファンにインパクトを与えた。今回カズを迎え撃つのは、なんと42勝9敗の好戦績を誇るトラビス・ビューだ。パワフルな試合ぶりから“ディーゼル”の異名を持つ1978年3月15日、ミネソタ州出身の28歳。
ビューはUFCやFFCなどのケージマッチ(金網総合格闘技)を中心に活躍し、PRIDE初期に参戦していたカーロス・バヘット、ヒョードルのスパーリングパートナーであるローマン・ゼンツォフ、ミルコと対戦したイブラヒム・マゴメドフなどから勝利を収めている。倍以上のキャリアとパワーに優るだけに、カズも苦戦は免れないか?
桜井“マッハ”速人 VS マック・ダンジグ
マッハがアメリカにリベンジ! ラスベガスには苦い思い出がある。2002年3月22日、UFCに初参戦したマッハはウェルター級チャンピオンのマット・ヒューズが保持するタイトルに挑戦したが、試合直前に歩くこともままならないほどの腰痛に見舞われる不運があり、4R3分1秒、TKOで敗れてしまった。アメリカのファンに強いマッハを見せることが出来なかったのだ。
あれから約4年、マッハが再びラスベガスの地に立つ。対戦するマック・ダンジグは16勝3敗1分で、KOTCを中心に活躍する選手だ。KOTC世界ライト級チャンピオンとして4度の防衛に成功、12連勝をマークしていたが、今年1月にクレイ・フレンチ(武士道で青木真也と対戦)との防衛戦で2-1のスプリットデシジョンによりタイトルを失ってしまった。
とはいえ、柔術をバックボーンに極めの強さを誇るダンジグはプロフェッショナルサブミッション大会『X-Mission』で一本勝ちを飾り、自らを“エリート・グラップラー”と称しているほどの強豪。名門ミレニア柔術の所属で、どんな角度からも極めてしまうチョークを得意とする。勝利のほとんどがサブミッションによるものであり、マッハにとっては嫌な相手だ。ちなみに“菜食主義者”という一面も持っている。
三崎和雄 VS フランク・トリッグ
総合格闘技ファンにとって楽しみな一戦が実現する。PRIDEウェルター級GP覇者・三崎和雄が王者第一戦をラスベガスで行うと共に、対戦相手は古豪フランク・トリッグに決定したのだ。ウェルター級GPでの大逆転優勝で世界にその名を轟かせた三崎が、敵地でどんなファイトを見せるのか?
対するトリッグは総合ファンなら誰もが知っている世界的強豪。名門オクラホマ大学で磨いたレスリングをバックボーンに、UFCを中心に活躍した。PRIDEへの参戦は1999年11月の『PRIDE.8』以来、実に8年ぶり。日本では桜井“マッハ”速人との伝説的な名勝負の一方の主役として忘れられない存在だ。1997年10月にデビューして以来、14勝5敗の戦績。強烈なタックルからのパウンドが得意技だが、スタンドでの打撃も強力。最新の試合は昨年12月1日のジェイソン・ミラー戦で、2RにTKO勝利している。
今の勢いを考えれば三崎に分があるが、ラスベガスでも知名度の高いトリッグは観客を味方につけて闘うだろう。ここで三崎を喰えばPRIDEでのポジションを確立、世界に復活をアピール出来るだけに死の物狂いで向かってくるはず。三崎にとって厄介な相手である。

五味VSディアス!楽しみだなぁ。ディアスは、UFCライト級王者のシャークに惜しい判定負け。今回の対戦は、UFCのトップを目指す五味にはいい物差しになるだろう。ストライカータイプでかみ合うと思うので、五味にはKOでスカ勝ちしてほしい。
決定済カードは、シウバVSダンヘンのタイトルマッチ。ヒョードルVSガードナー、ハリトーノフVSアイブルが噂されている。DSEは、残りのカードをできるだけ早く発表してほしい。(いつも発表が遅い!)

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アンケート
アンケート
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
fogma booth
バーコード
カウンター
アクセス解析
ビジター